トップ > イタリア > オプショナル > ローマ > アマルフィ海岸観光

ローマ発着でポンペイとアマルフィ、又はアマルフィとポジターノ(又はラベッロ)、又はソレントとアマルフィの日帰り観光です。ご予約頂いたお客様のみで実施のプライベートツアーです。アマルフィ海岸のホテルで終了も可能です。その他にモンテカッシーノ修道院やカセルタ宮殿観光後アマルフィ海岸のホテルへ送迎や、ナポリとソレントの組み合わせなどオリジナルの内容は見積を承ります。


いいね

・イタリア ローマ発着 ポンペイとアマルフィ 一日観光 プライベートツアー 

・イタリア ローマ発着 アマルフィとポジターノ 一日観光(ポジターノをラベッロに変更可)プライベートツアー

・イタリア ローマ発着 アマルフィ、ポジターノ、ラベッロ一日観光 プライベートツアー

・イタリア ローマ発着 ソレント・アマルフィ一日観光 プライベートツアー

・イタリア ローマ発着 ナポリ・ソレント 一日観光 プライベートツアー 

・イタリア ローマ発着 モンテ・カッシーノ修道院観光後、アマルフィのホテルへ送迎

・イタリア ローマ発着 カセルタ王宮観光後、アマルフィのホテルへ送迎 専用車


パソコン
詳細はこちらのデスクトップ版をご参照下さい。 

お申込み・お問合わせ


ポンペイ遺跡について

日本語ドライバーは、ポンペイ遺跡の内部入場は致しません。各自で自由散策か、追加料金でポンペイの日本語ガイド2時間を追加することは可能です。

ポンペイの日本語ガイドは、復活祭、8月1日、クリスマスや年末年始などホリデー割増別途となります。

アマルフィ海岸について

アマルフィとラベッロはドゥオモ(大聖堂)にご案内後、自由散策となります。ただし、特にアマルフィはホリデーシーズンや週末、祝日は交通事情で駐車が大変困難な場合があり、その場合はお客様のみで自由観光となる場合もございます。

アマルフィ海岸線は、頻繁にがけ崩れ等のため、通行止めや迂回路が発生致します。当日の状況で予定通りのコースでいけない場合や訪問地の割愛の場合もございますのでご了承願います。

エメラルドの洞窟に行かれない場合は、アマルフィまたはラベッロでの滞在時間が長く取れます。

スタンダードドライバーは、観光案内や食事のケアの対応は行っておりません。


アマルフィ海岸は降雨など天候による交通規制も多く、予想外の遅延や渋滞が発生する場合があります。
ローマ帰着時間は変更する場合があります。観光後フライト等で出発は、非常にリスクが高い為、お勧め致しません。


ポンペイ遺跡(英語・イタリア語) http://www.pompeiisites.org/

ポンペイ基本情報 http://www.pompeiisites.org/index.jsp?idProgetto=2

開館  ※最新の情報は現地にてご確認下さい。

4月1日~10月31日 09:00~19:30(最終入場18:00)

11月1日~3月31日 09:00~17:00(最終入場15:30)

休館日 1月1日、5月1日、12月25日

ポンペイ入場料 13EURO

ラベッロ ヴィラ・ルフォロ  http://www.villarufolo.it/information.html

開館  ※最新の情報は現地にてご確認下さい。

09:00~17:00 (最終入場 16:45) 入場料 5EUR


見どころ
みどころ

イタリア ポンペイ
ポンペイ遺跡 Pompei

ポンペイ遺跡は紀元79年のヴェスヴィオ火山の大噴火によって、一瞬にして火山灰に埋まってしまった都市。発掘により、この古代ローマの一地方都市の高い文化水準と、優雅で合理的な生活の様子を窺い知ることができる。


アマルフィ
ソレント半島・アマルフィ海岸 Sorrento Amalfi coast

民謡でも歌われて名高いソレントは、ナポリ湾の南につき出すソレント半島の先端近くにあり、町は海に臨んだ見晴らしの良い絶壁の上にある。

ソレント半島の道はカーブが多く、絶景が続き、特に半島の南側、ポジターノやアマルフィ付近はリゾート地として旅行者に人気が高い。アマルフィは独特のファザードを持つ大聖堂と、そのアラブ風の「天国の回廊」が有名。 ラヴェッロはアマルフィの岬の上に位置し、アマルフィ海岸のパノラマが広がる。ルフォロ荘の庭園では、夏の間ワーグナー音楽祭が催される。


モンテカッシーノ修道院 Abbazia di Montecassino

モンテカッシーノ修道院はキリスト教世界において最も重要な修道院のひとつ。修道院は4度にわたって破壊されたが、特に1944年にこの修道院をローマへの重要な拠点としていたドイツ軍に対して連合軍が攻撃を加えたとき、大きな被害を受けた。戦後、修道院は昔の通りに再建され、カッシーノ山の平らに整地された頂きに、その力強い土台をもったほぼ四辺形の堂々たる建物がそびえたっている。修道院の前には互いにつながった四つの回廊があり、念入りに考えられた厳粛さに満ちている。


カゼルタ宮殿 Caserta

18世紀当時のナポリ王、ブルボン家のカルロ3世がベルサイユを凌ぐ宮殿をめざしてカゼルタに建設した王宮は、劇場、礼拝堂、博物館、1200もの部屋がある巨大で壮麗な建物。120ヘクタールの宮殿は、中央をまっすぐに走る 3kmの道、滝、ギリシャ神話の彫刻噴水群を配し、周囲の森林とあいまって華麗で洗練された芸術作品のよう。